リフトアップブログ

リベルハーブピーリングが話題に・・

2017.03.10thanqについて

 

ピーリングの種類

ケミカルピーリング

化学薬品を皮膚に塗布し、酸で古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを正常に整えていきます。
グリコール酸(AHA)・サリチル酸(BHA)・乳酸など、他にも数種類あり、目的によって使用する薬剤やピールする深さなどが変わります。

レーザーピーリング

肌に特殊なカーボンや薬剤などを塗布しレーザーを照射し、毛穴の汚れや古い角質の除去、またレーザーの熱で繊維芽細胞を刺激しコラーゲン生成を促します。

物理的に肌を研磨するピーリング

ダイヤモンドピーリング・クリスタルピーリングなど、機械のヘッドを皮膚に直接当てたり、酸化アルミニウムを吹きかけたり、物理的に肌を削っていきます。削ると言っても出血などはしません。

ハーブピーリング

ヨーロッパ発祥で約70年以上の歴史ある美容法です。(天然のハーブなどを材料とし、皮膚を自然に剥離させ古いメラニンを含んだ角質や、ニキビの原因になる毒素などを排出し、人間の自然治癒力で肌細胞の再生を促します。

 

 

今までのピーリングは、肌を特殊な機械で削ったり、化学薬品で人工的に肌のターンオーバーを整えたりするものでした。

私自身も、ダイヤモンドピーリング、レーザーピーリング、ケミカルピーリングなど、殆どのピーリングを経験しています。
それぞれの特徴があり、効果もさまざまで、施術後は私も満足していました。

しかし、ここ数年で話題になっているハーブピーリングを経験したところ、今までにない満足感を得られたのが正直な感想です。(あくまで、個人的な実感と感想です)

そこで、ハーブピーリングの種類で代表的なメーカーをいくつかご紹介します。

 

グリーンピール

・ハーブピーリング発祥のメーカー

棘状成分

(200㎛)ハーブ
 
特徴

老舗ハーブピーリング、ドイツ、施術後赤黒くなったりかなり剥離をするなどハーブピーリングのなかでもかなりハード

痛み  強い
メイク・洗顔・アフターケア  メイク、洗顔は5日後から可。専用ローションで2時間おきに拭き取りが必要。ホームケアは専用の化粧品のみを使用

 

ハーバルピール

グリーンピールを日本人向けに改良し、粒子を細かくした。

棘状成分

(100㎛以下)ハーブ

特徴

ドイツ、剥離や痛みが少ない

痛み

弱い

メイク・洗顔・アフターケア

メイク、洗顔は5日後から可。専用ローションで2時間おきに拭き取りが必要。ホームケアは専用の化粧品のみを使用

 

バイオプランタトリートメント

 

棘状成分 (200㎛)ハーブ
特徴 ベルギー、ハーブの入れ込みが少ない。
痛み やや弱い
メイク・洗顔・アフターケア

専用化粧品は無いが推奨化粧品は有り。

 

リベルハーブトリートメント

棘状成分 (100~200㎛)ハーブ 美白成分で有名な(アルブチン・ナイアシンアミド)配合
特徴

アジア人の肌に合わせた調合

痛み やや強い
メイク・洗顔・アフターケア

メイク、洗顔は翌日から可。専用化粧品は無いが推奨化粧品が有り

 

選ぶメーカーによって、剥離の程度に大きく違いがあるので、クリニックやサロンに確認し納得した上で選択してください。
また、ハーブピーリングの理論は、どれも同じに思えます。
自然の植物(ハーブ)などの天然成分を用いて、棘状成分を皮膚に入れ込み、内側から細胞を活性化させ
それによって新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを早め 皮膚の再生を促します。

元々はヨーロッパ発生トリートメントなので、当然西洋人の肌に合わせて作られています。
私たち東洋人と西洋人は、肌の厚みも違いますし、肌トラブルも違います。

リベルは日本人の肌に対して一番効果が出せるように、棘上成分の大きさ、種類、ハーブの種類、その他有効成分を工夫してあります。

また、成長因子と合わせることによって、肌の再生が早いので、赤み浮腫み痒みなどの好転反応を通常より抑えることができます。

また成長因子を棘上成分により深層部まで導入することにより、再生が早く健康な肌に生まれ変わります。

従来のハーブピーリングはダウンタイムが長かったり5日間顔を洗えないなどの決まりがあるため、気軽にトリートメントすることが難しかったですが、もっと気軽に、かつ効果的に結果が出るようこだわって開発しました。

ハーブピーリングは、シミ、しわ、たるみ、毛穴、ニキビなどあらゆるトラブルの改善に適していますが、加えて日本人のニーズに合わせて透明感や美白を起こせるようなシステムにしています。

ハープと成長因子の組み合わせで最高に結果が出ることも分かっていたので、クリニックでも使用しているダーマテリアルを施術の工程に入れていることもこだわりの一つです。

肌再生専門のベル美容外科クリニックが監修したからこその再生力をどうぞご実感ください。